HOME>コメント>実務者研修を受講するきっかけ【介護の道を選ぶ理由】

実務者研修を受講するきっかけ【介護の道を選ぶ理由】

女性

近年介護職を目指すために実務者研修を受講する人が増えています。介護の道を目指すひとに受講理由について聞いてみました。同じく、介護職を目指しているのであれば、是非口コミを確認しましょう。

Review List

介護福祉士を将来目指しているからです!

現在、介護施設で働いています。高校を卒業し、すぐにこの介護業界で働き始めたので、初任者研修しか修了していませんでした。介護業界で働き始めて約三年がたち、そろそろステップアップがしたいと思い始めたのがきっかけです。介護福祉士は国家資格であり、今までよりも仕事の幅が広がります。もっと正直なところをいうと、一般の介護職員とは給与面でも全然違ってきます。介護福祉士の試験を受ける条件として実務経験が3年以上必要となります。ちょうど三年くらい経つので、介護福祉士を受験しようと決心しました。介護福祉士を受験するにあたって、もう一つ必要なのが、実務者研修を修了していることです。実務者研修は学校に通って修了する方法のほか、通信の自宅学習と7日間の通学で終了する方法があります。通信の場合は、働きながら学習ができ、大変助かります。より実践的な介護を学べるので、今介護に携わっていなくても実務者研修を受けておいて損はありません。今後さらに進んでいく超高齢社会でより良い介護を提供できるよう、実務者研修の修了、そして将来的に目標の介護福祉士になれるよう努力します。
[20代/男性]

気軽に学びやすいのが魅力で介護職へ挑戦する決心がついたので!

今までまったく異なる業種で働いていました。今の生活に不満はありませんでしたが、何か手に職をつけたいと思い始めていました。昔、祖母が介護施設に入っていたことを思い出し、介護の資格はどうだろうかと考えました。しかし、祖母が介護施設にいたからといってもお見舞いだけで、これといった介護経験はほぼ無いに等しかったです。ましてや、今の仕事とは全く異なる業種の上、学校に通はなければいけないと思い、決心がつかず、なかなか一歩が踏み出せずにいました。しかし、調べてみると、自宅学習と決められた日数の通学で初任者研修と実務者研修が受けられると知りました。初任者研修では介護の基本を、そして実務者研修ではさらに実践的な介護を学べるとのことでした。自宅学習であれば、自分のペースで学べ、さらに働きながら受けられるとのことで大変魅力的でした。介護の基礎をしっかり学べて、さらに実践的な介護も学べるため、自信がつき、介護業界へ挑戦する決心がつきました。気軽に学べて、さらに手に職もつけられるため、大変おすすめです。
[20代/女性]